ギャンブル依存症で債務整理まで発展する

ギャンブル依存症で債務整理まで発展する

ギャンブル依存症と借金は大きな関わりがあると思っている。最近TVでもギャンブル依存症について語られていたけど、自分で辞める事ができなくなってしまう。

上手な言い訳を使って周りにバレなくなってしまうからだ。

私も大学生の頃にははまってしまったこともあった。一度勝ったら変に興奮をするんだろうね。

キャッシングや消費者金融でお世話になりながらも、朝から打ち続ける人もいる。

どこかのタイミングで辞める事ができるのであれば、良いのだけど、。

実際のところ自己破産や任意整理まで発展するケースも少なくない。サラリーマンで安定的な収入があったとしても、返済の方が大きくなれば普通の生活もできなくなる。

お金は稼ぐならやっぱりコツコツだなと思う。

債務整理をするにしても沢山の制約がある。

債務整理デメリット

任意整理だとしても結局は何かのメリットがあるからデメリットもある。

一番大切な事は金銭感覚を普通に戻すっていう作業だと思っています。

なぜならお金は使い方を知らない人が本当に多い。私も以前までは結構節約家だったんですが、もう節約をする理由もわからなくなってきた。

その分上手に消費をするって事を今はテーマにして生活をしています。

借金返済をするにしても楽しまないと地獄の思い出の日々になってしまうから。

弁護士事務所で法律的な部分と生活の両方の側面でアドバイスをもらうことをおすすめします。

今後ギャンブル依存症を改善する為の一番の特効薬は自分に自由時間を与えない&お金を見ないこと。

後はお金を普通に消費として使い切っていくこと。特に現状借金をしていないならギャンブルに使うお金があるなら欲しいモノを買ってみるようにしてください。

34才フリーターの僕は高校生の頃から趣味でギターをやっています。今では趣味ですが弾き始めた頃はあわよくばプロになってやろうとそれこそ夜通し練習していました。

もともと好きなバンドがあってそれを弾けたらかっこいいななんて思いながらスタートしました。しかし、弾き始めるとめっちゃ難しいんです。まずはギター入門ガイド的な本を見ながらコード練習をして行きました。全然弦を押さえられないんです。そんでもってまぁ指が痛い…。それでもまったく音楽になっていないそんな練習の中でもギターを弾てるって感覚にとっても充実感がありました。

コードでも押さえやすいのと押さえにくいのがあるんです。だから曲も最初のほうは押さえやすいコードが多い曲を選んで弾いていました。ジャラーンなんて鳴らずにポロンポロンと最初はそんな感じだったのを今でも覚えています。それでもちょっとずつコードを押さえられるようになって、ちょっとずつ音楽になって行きます。そして指の皮が固くなってきた頃にはある程度は弾けるようになってきます。そんな頃には好きなバンドの楽譜を見ながら夜通し時間を忘れ夢中になって弾ていましたた。

学園祭がんかでもバンドを組んで演奏したこともあります。いろんな楽器達と一緒に音を組み合わせるのって本当に楽しいんです。そこまで上手いわけではなかったけれど録音して聞いてみたりして上手く聞こえたところなんかがあるとすごく興奮したりもしました。あの経験と刺激は今でも心に刻まれています。

高校を卒業した頃からはバンドみたいな事もやらなくなりましたが、今でも趣味で弾き語りなんかをしています。ただ今まで生きてきた中であれだけ何かに取りつかれた様に夢中になった事も無かったと思います。あの頃は本当に楽しかった。

コメントは受け付けていません。